全財産2円からはじめる世界一周のおはなし

全財産2円からはじめる世界一周を目指すブログです!

大いなる建築者たち〜建築は芸術だ!

こんにちは!べいです*˙︶˙*)ノ"

 

今日は

世界遺産の宝庫イタリア🇮🇹

芸術の都『フィレンツェ』特集

第2弾です!

 

前回は

イタリア最大の美術館である

ルネサンス絵画の宝庫『ウフィツィ美術館』を

紹介しました🖼

 

そして今日は

フィレンツェといえばここ!」と言われている

『サンタ・マリア・デル・フィオーレ』を

特集します!

f:id:r0ck-snufkin:20191005073131j:image

 

では、いきますよ〜 ε”ε”ε”(ノ* •ω• )ノ

 

f:id:r0ck-snufkin:20191015125930j:image

f:id:r0ck-snufkin:20191015132713j:image

出典:http://jun-gloriosa.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-4605.html

 

フィレンツェのシンボルで

『花の聖母大聖堂』とも呼ばれている、

赤、白、緑の3色の大理石に覆われた教会です。

 

140年もの歳月をかけて完成しました!

 

いちばん目を引く

オレンジ色のドーム部分(クーポラ)は

木枠を組まずに造られた史上初のものだったそう。

 

当時は大きすぎて、建設は不可能なんじゃないか!?

とも言われていました。

 

ちなみに、ドームの先端部分は

デザインだけは考えてあったけど、

付け方の方法はなんにも考えてなかったのだとか笑

 

その先端に

十字架と共に付いているブロンズの球体は

彫刻家ヴェロッキオが制作したもの。

f:id:r0ck-snufkin:20191019070834j:image

出典:https://yometoryokou.com/giotto-shourou

 

デザインには

レオナルド・ダ・ヴィンチも携わっていたというので、

わくわくしちゃいます✨

 

f:id:r0ck-snufkin:20191018130021j:image

・ドゥオーモ(大聖堂)

・ジョットの鐘楼(すらっと長い建物)

・サン・ジョヴァンニ洗礼堂

 

の3つの建物で構成されています。

 

3つのスポットが楽しめる共通入場券は、

洗礼堂のチケットオフィスで購入!

 

フィレンツェカードを

あらかじめ手に入れておくと、

お金の受け渡し不要で

チケットがすぐにもらえます。

 

やっぱりフィレンツェのシンボルとあって

クーポラはいつでも大行列ですが、

フィレンツェカードがあれば

ほぼ苦労せずに入場することができます!

↓↓↓詳しくはこちらから

(フィレンツェカードのすべて!2019

https://firenzeguide.net/firenzecard/)

 

さあ、チケットを手に入れたなら

順に楽しんでいきましょう!

 

あ、忘れてはならないのが階段です!

 

・ドゥオーモ(大聖堂) 464段

・ジョットの鐘楼       412段

 

が迎えてくれるので( *¯ ꒳¯*)

2日かけて見学するのがおすすめです〜

 

f:id:r0ck-snufkin:20191018121033j:image

出典:https://www.travel.co.jp/guide/article/25362/

 

大聖堂に入って、中央付近で振り返ると

1から24までの数字が刻まれた

イタリア時間を刻む時計が目に入ります。

f:id:r0ck-snufkin:20191018122415j:image
f:id:r0ck-snufkin:20191018122411j:image

出典:

http://cesareborgia.html.xdomain.jp/HText/PaoloUccelloWork04.htm


世界でも珍しいもので、

この時計の針は左回りに動くんですよ!

 

上を見上げると、

大聖堂の天井一面に広がるのは

ジョルジョ・ヴァザーリと、

彼の死後に弟子たちが完成させた

最後の審判』が。

f:id:r0ck-snufkin:20191015143435j:image

出典:https://jp.pokke.in/santa_maria_del_fiore/

 

イメージの元になったのは

ダンテの『神曲』です。

 

大迫力の天国と地獄の様相が

声を失うほど美しい色彩で迎えてくれます。

 

螺旋階段を超えると、

クーポラ内部に描かれたフレスコ画

至近距離で眺められるスポットに行き着きます。

f:id:r0ck-snufkin:20191018121159j:image

出典:https://www.travel.co.jp/guide/article/25362/

 

そうして階段を登り終えると、

フィレンツェのオレンジ色の街並みが広がります。

f:id:r0ck-snufkin:20191018121116j:image

出典:https://www.travel.co.jp/guide/article/25362/

 

ついにクーポラの頂上です!

 

せっかく400段も苦労してたどり着いた景色。

 

後悔のないよう、心ゆくまで楽しみましょう!

 

f:id:r0ck-snufkin:20191018125900j:image

 

東西南北の壁にはそれぞれ意味を持った

レリーフや装飾が施されています。

 

菱形のレリーフには

 「天文学」「音楽」「幾何学」「文法」などの

学問を表したものや、

 

六角形の浮き彫り装飾は

「航海」「裁判」「農業」などなど!

f:id:r0ck-snufkin:20191019064506j:image

天文学と航海


f:id:r0ck-snufkin:20191019064510j:image

→個人的にめっちゃ好きな天文学レリーフ

 

出典:https://firenzeguide.net/episodio-del-campanile-di-giotto/

 

自分の好みの装飾を見つけてみるのも

おもしろいですね✨

 

f:id:r0ck-snufkin:20191019065305j:image

出典:https://firenzeguide.net/episodio-del-campanile-di-giotto/

 

ちなみに付属博物館では、

全てのレリーフを見ることができますよ!!

 

さて、外から楽しんだところで、

412段の螺旋階段を登りましょう!

 

ジョットの鐘楼は、

クーポラよりは人も少なく

ちゃんと2階、3階に広い休憩スペースで

休むことができるので、嬉しい。

 

f:id:r0ck-snufkin:20191018123252j:image

こんな階段を登っていきます。

f:id:r0ck-snufkin:20191018123257j:image

出典:

https://amoitalia.com/firenze/campanile_giotto.html

 

登っている時にも窓から景色を見れるので、

ここまでキタワァ(n'∀')ηと

叫びたくなるはず✨

 

ちなみに『ジョット』とは

感情表現を復活させたと言われる「西洋絵画の父」

『ジョット・ディ・ボンドーネ』に由来しています。

 

その手法は

ミケランジェロが模したとまで言わるほど。

 

「1300年代の天才画家」の彼がデザインしたことを称して

『ジョットの鐘楼』と名付けられたそうです。

 

登り切ると、こんな景色が迎えてくれます。

f:id:r0ck-snufkin:20191019070327j:image

出典:https://www.myzakuro.com/archives/2198

 

クーポラとフィレンツェの街並みが

一番キレイに撮影できるスポットと言われていますよ〜✨

 

最後にこちら!

f:id:r0ck-snufkin:20191019121852j:image

 

キリスト教カトリックでは

「人は誰しも生まれながらにして罪を背負っている」

と考えられています。

 

教会は「神の家」とされているため

穢(けが)れた存在は入ることができません。

 

なので、信者として教会に入る時には

洗礼が必要。

 

カトリックの家庭に生まれたら、

赤ちゃんの時に

「神の子」として新たに生まれ変わるため、

洗礼を受けます。

 

そんな洗礼がおこなわれている

この『サン・ジョヴァンニ洗礼堂』

 

洗礼堂は八角形でできていて、

それは旧約聖書「創世記」に由来しています。

 

神様は世界を6日かけてつくり、

最後の1日、7日目を休息日としました。

 

そして8という数字は

その1サイクルを終えて、また最初に戻る日。

 

つまり、

「イエスの復活」と「新しい人生を表している」んです。

 

教会がよく八角形で造られているのは

そのためなんですね!

 

見どころは

彫刻家ロレンツォ・ギベルティが手がけた

北の扉と東の扉!

 

北の扉は

キリストの物語と、

それを記した4人の福音書記者、

4人の教父が描かれています。

f:id:r0ck-snufkin:20191019130814j:image

この扉を作ったとき、

ギベルティの技術に感動したフィレンツェ市民は

東扉の制作も依頼します。

 

そして通称『天国の門』 と言われる

東の扉は、30年近くかけて作られました。

f:id:r0ck-snufkin:20191019131600j:image

出典:https://firenzeguide.net/tengokunomon/

 

浅浮き彫りという方法で

奥の方と手前の方で高さを変えてあり、

いくものシーンが1枚のレリーフの中で

展開されています!

 

凄すぎ!

 

ミケランジェロはこの扉を見て

『これこそ天国の門だ…』

と言ったそうです。

 

f:id:r0ck-snufkin:20191019162815p:image

 

芸術の都フィレンツェ

美術館も大聖堂も見ごたえありすぎ!

 

2回に渡って

ウフィツィ美術館

《サンタ・マリア・デル・フィオーレ》を

紹介しました!

 

次回は

永遠の都『ローマ 』特集です✨

 

お楽しみに〜!*˙︶˙*)ノ"