全財産2円からはじめる世界一周のおはなし

『ただ観光のように旅をするだけでは世界の本当の姿は見えてこない』をモットーにぽつり、ぽつりと。

子どもの頃迷い込んだ、あの路地裏の探検を。

こんばんは!

べいです*˙︶˙*)ノ"

 

さて、今日は

『世界の路地』

という写真集を紹介します。

 

f:id:r0ck-snufkin:20190126032224j:image

そうです、帯にやられました( * ॑꒳ ॑*)

f:id:r0ck-snufkin:20190126021835j:image

中はこんな感じです。

 

本当にその土地を歩いているような

臨場感をあじわえます。

 

この本を眺めて

よかったなと思ったのは、

 

〝外国″という「未知なる不安」が

すこし解消されたことです。

 

知らなかった土地が急に、

身近なものに感じられました。

 

 

ロバとわんこと人が

一緒に歩いている姿だったり

 

ねこがバイクのシートでくつろいでいたり

 

きれいな花が

お店とお店のせまい空間の

頭上一面に咲き乱れていたり…

 

特におもしろいのは、

ギリシャのミコノス島の路地に

ふつうにペリカンが立っている写真

Σ('◉⌓◉’)

 

なぜでしょう、路地裏って魅惑的で、

そして行ったこともないはずなのに

とても懐かしい想いにかられます。

 

有名な観光地ではけっして味わえない

その土地の魅力を

全身で感じられる場所。

 

路地裏をチェキで撮りためて、

フラッグにして飾るのも楽しそうです

(●´v`●)

 

見開きの写真の、

すべてが青い空間になっている

ロッコの路地〝シャウエン″も美しい。

 

日本の、すべてが同じに見える

コンクリートの道は歩きやすいけれど、

刺激が足りなくて。

 

子どものように、ときどきふらっと

どこへ続くかもわからない狭い道に

心を溶かしてみたい。

 

現地の方たちにとっては日常だけれど、

私たちにとっては、非日常。

 

そんな場所で、特別な出逢いを

待っているのかもしれません。

 

着の身着のまま、風が吹くまま

 

スナフキンのように、

「その景色をながめて

自分できれいだと思うものは、

なんでもぼくのものさ。

その気になれば、世界中でもね」

なんて言ってみたいなあ笑

 

今日は『世界の路地』の紹介でした。

 

 

次回は、『美しすぎる人類図鑑』を。

 

とびっきりの笑顔がトレードマークの

バックパッカー近藤さんが、

世界一周したときの写真集です。

 

HPの写真は本当に胸を打つものばかり。

 

彼の素朴な印象が

とても心に響きました。

 

では、また*˙︶˙*)ノ"

 

世界の路地

世界の路地

  • 作者:PIE BOOKS
  • 発売日: 2016/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
世界のかわいい村と街

世界のかわいい村と街

  • 発売日: 2017/10/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)