全財産2円からはじめる世界一周のおはなし

『ただ観光のように旅をするだけでは世界の本当の姿は見えてこない』をモットーにぽつり、ぽつりと。

ギリシャ🇬🇷パルテノン神殿と女神アテナの謎に迫る!

 

f:id:r0ck-snufkin:20190829123621j:image

 

こんにちは!

べいです*˙︶˙*)ノ

 

ギリシャと言えば

オリンピックの発祥地でもある首都アテネ

f:id:r0ck-snufkin:20190829123950j:image

 

そしてこの大都市に囲まれたようにそびえているのが

世界遺産アクロポリス』です。

f:id:r0ck-snufkin:20190829123959j:image

 

アクロポリスとは

『高い丘の上の都市』という意味で

 

オリンポスの神様のために作られた場所、

そして敵からの攻撃を防ぐための

要塞でもありました(*`Д´)っ乂c(`Д´*)ヤイノヤイノ

 

アクロポリスというのはたくさん点在していますが

その中でも有名なのが

ここ『アテネ』です。

 

そう『パルテノン神殿』があるところですね!✨

f:id:r0ck-snufkin:20190829124549j:image
f:id:r0ck-snufkin:20190829151442j:image

古代アテネの栄光を象徴する遺跡です!

 

ペルシア戦争の勝利を記念して作られた

このパルテノン神殿

 

ローマ帝国時代には『ビザンチン教会』

オスマントルコ時代には『イスラム教寺院』

として使われていました。

 

その後17世紀の戦争で

神殿が大破!

 

19世紀に大規模な修復作業が行われました。

 

ちなみに

美しく見えるよう

視覚補正の効果を出すために

わざと歪めて作られていて、


基礎部分と屋根の線は

両端へ緩やかに反り上がっています!

 

さらに円柱は

下へ行くほど太くなっていて

実際より高く見えるように設計されているのです✨


もとは木製の天井と

タイル張りの屋根があって

鮮やかな色で塗られていたんだそうですよ〜!

 

f:id:r0ck-snufkin:20190829163346j:image

出典:http://kitamahokif.jugem.jp/?eid=329

 

パルテノン神殿に祀られているのは

 

知恵や知性の神様として知られている

オリンポス十二神のひとり

『女神・アテナ』です。

f:id:r0ck-snufkin:20190829230727j:image

出典:https://fujitaku.typepad.jp/blog/2011/01/

 

アテナは

農業の神 → 国を守る神 → 学問や芸術を守る神

と、なんか都合のいいように

その時々で色んな神様にさせられてます笑

 

ちょっと面白いので

その経緯を調べてみました٩(ˊᗜˋ*)و

 

f:id:r0ck-snufkin:20190829222614j:image

 

まず大前提として

古代のヨーロッパでは

女神を敬う考えがありました。


なぜなら女性は神秘的な力で子どもを出産し、

豊かなものをつくりだしていく能力をもっているからです。


その力はまさに『豊作』を連想させました。

 

ギリシャアテナイという都市は

農業から発展していったところなので

 

『豊作への祈り』と『女神』とが結びつき、

女神を敬おう!という流れに

自然となっていったのでしょう。


この考えはギリシャにも引き継がれ

農業の神『女神・アテナ』が生まれました。

 

パルテノン神殿には

アテナが農業の神であったことがわかる彫刻も残されていて

 

そこにはこんな内容のものが刻まれています。

 

f:id:r0ck-snufkin:20190829224651j:image


むかし、海の神・ポセイドンとアテナは

どちらがアテナイ市を支配するかの権利を争いました。

 

お互い持ち合わせているアイテムを地面に刺して

なにが出るか試そうぜ!ということになりました。


ポセイドンが三又の槍で地面を突きました。

すると塩水の泉⛲️が吹きだします。


次いでアテナが槍で地面を突くと、

地面からオリーブの木が生えました。


アテナイ市の人びとは

女神・アテネのオリーブのほうを選び、

 

彼女を『農業の守護神』に決めたのでした。

 

そして『オリーブ』は

同時に平和の象徴になりました🕊

f:id:r0ck-snufkin:20190829224937j:image

 

f:id:r0ck-snufkin:20190829224651j:image


アテナイ市はどんどん

大きな都市国家に発展していきます。

 

文化・政治・経済などのあらゆる分野で、

ギリシャ世界の中心に躍り出ました。


当然といえば当然ですが、

国が発展すると戦いがおきます。


最初は農業の神だったアテナは

『国を守る戦の神』ともなったのです。

 

さらにアテナイ市の発展はとどまることを知らず

次は学問や芸術などが盛り上がりを見せます。


そういうことでアテナは

『戦の神』から

さらに『学問や芸術を守る神』になったわけです🎨

 

ちなみにアテナの肩に乗っているのは

従者である『フクロウ』🦉です。

f:id:r0ck-snufkin:20190830123037j:image

↑うちの子ベンガルワシミミズクは南アジアですが…


古代ヨーロッパでは

豊かな実りが得られるようにと

神様を信仰していました。


そして動物たちを神様の従者とすることで

動物たちが大きな力をもたらしてくれると考えていました。


古代の遺跡からは

鹿

カエル

カメ

ミツバチ

ヘビ

などの像が見られます。


そのなかでもフクロウは

ネズミやモグラなどの害獣を捕らえて食べてくれるので

農民にはとてもありがたい存在!


古代ヨーロッパには

フクロウが多く生息していたのて

きっとたくさん退治してくれていたのですね✨


大地の豊かな恵みを守ってくれる神様には

フクロウはぴったりでした。

 

フクロウのその物静かさや

無駄のない狩りをする様子、

世の中を睥睨するようなその瞳が

賢者のようなイメージを連想させます。

 

国を守る戦の神

そして学問や芸術を生み出す知恵の象徴といっても

引けを取らないその姿。

 

まさに女神・アテナの従者にふさわしい!

ということだったのでしょう!(`・∀・´)✨

 

それを裏付けるように

古代ギリシャの通貨だった

『テトラドラクマ』という銀貨には

 

表の面には女神・アテナの横顔が、

裏の面にはフクロウの姿が刻印されています。

 

古代ギリシャの人びとにとても親しまれ、

愛されていたのが垣間見れますね!

 

f:id:r0ck-snufkin:20190830122100j:image

出典:https://gentleman-liberalarts.com/athena/

 

こういう神話系も好きなので

調べていて面白かったです!

 

ちなみにパルテノン神殿に行くときは

地面が大理石の石畳になっているので

靴底がゴムになっている履き物がおすすめですよ!

 

今日はこの辺で٩( 'ω' )و

 

次回は

ギリシャの美しい碧についてと

ちょっとした雑学、

美味しいたべもの😋について特集します!

 

f:id:r0ck-snufkin:20190901225531j:image