全財産2円からはじめる世界一周のおはなし

全財産2円からはじめる世界一周を目指すブログです!

サグラダファミリアを手掛けたガウディのドラマチックな人生を辿る。

こんにちは!べいです*˙︶˙*)ノ"

 

今回巡るのは

情熱の国『スペイン』🇪🇸!

 

f:id:r0ck-snufkin:20191212125308j:image

 

スペインは歴史的に

色んな宗教が出入りしてきた歴史があるので、

 

同じ国でもまるで違う文化に触れられるのが

楽しい!!

 

気候もとても暖かくて心地よいので、

スペインに住む人は

陽気で人懐っこい人がたくさん!

 

スペインの中でも、

ピースボートの寄港地である

 

バルセロナ』の魅力を

今日から特集していきます🌻

 

それでは、いきますよー!・*・:≡( ε:)

 

f:id:r0ck-snufkin:20191214115830j:image

 

なんといっても

ここバルセロナの魅力は

アントニ・ガウディの芸術的な建築物の数々でしょう!

 

スペインは、

フラメンコ・闘牛・パエリアもいいけど、

私はやっぱりガッツリ芸術に触れたいな〜!

 

芸術家の生涯ほどドラマチックで

私の魂に響くものはない…

 

ひとつのものに賭ける情熱がすごいし、尊敬( ˙꒳​˙ )🔥

 

記事を書き進めている今も

めっちゃわくわく(*`∀´*)/✨

 

じゃあまずは

さっそく『バルセロナ』について深堀り!!

 

場所はどこかというと…

f:id:r0ck-snufkin:20191214120658j:image

国の右上〜

 

そして驚くのが、上空からの街並み!!

f:id:r0ck-snufkin:20191214121101j:image

GoogleEarthでどんどん拡大していくと…
f:id:r0ck-snufkin:20191214121055j:image
f:id:r0ck-snufkin:20191214121058j:image

これは、かなり衝撃的では!?

 

私は初めて知った時に

工エェ工エェ(゜Д゜(゜Д゜)゜Д゜)ェエ工ェエ工

ってなった…

 

そんな不思議な景観のバルセロナにある

有名な建築物『サグラダファミリア』や…

f:id:r0ck-snufkin:20191216110819j:image

 

グエル公園

f:id:r0ck-snufkin:20191216111012j:image

 

カサ・ミラ

f:id:r0ck-snufkin:20191216111107j:image

 

そんな想像力あふれる建築物を手掛けた

アントニ・ガウディという芸術家の生涯を

今日は辿っていこうと思います!

 

f:id:r0ck-snufkin:20191214161545j:image

画像はWikipediaより

 

彼は銅細工職人の両親のもとに生まれました。

 

スペイン、カルターニャ地方の

バルセロナ近郊の田舎町生まれです。

 

(サグラダファミリアがあるのもバルセロナ

なので

カルターニャ地方です)

 

幼い頃にリウマチを患ってしまったため、

自由に飛び回って遊ぶということができなかったガウディ。

 

だからこそ!

「自然が教科書だった」という

素敵な言葉を遺しているほど、

 

自然をよく観察し、幼い頃から

将来に息づく独創性などを培っていたようです。

 

f:id:r0ck-snufkin:20191218230606j:image

 

20歳頃に建築学校に通うも、

貧乏な家庭に生まれ育った彼は

経済的な問題に悩まされていました。

 

設計事務所でアルバイトをしてお金を稼ぎながら、

学校に通っていたそう。

 

アルバイトできちんと現場経験も積んでいるのも

すごい。

 

こういう学校とバイトをしている感じは、

現代の大学生と同じ感覚かな?

 

そして3年の留年を経て、

念願叶って卒業!

 

先生からはガウディ自身の

その独特なスタイルから、

 

「狂人か?!それとも天才なのか?!

  よくわからんけど、後世の人に判断を委ねるよ!

  自分には未知数の存在だ…」(一部妄想)

 

なんて印象を抱かれていたとか…

 

才能ある人って

どこかネジ外れてる( ´ ▽ ` )

そういうとこがすごく好きだけれど!!

 

6年間の努力の末に

建築士の資格を取得!

 

それからパリ万博に出店するお店の

ショーケースをデザインすることに。

 

f:id:r0ck-snufkin:20191218231006j:image

出典:

http://sumaiinterior.seesaa.net/article/461070795.html

 

すると、そのデザインに惚れ込んだ大富豪が

ガウディのパトロン(支援者)になってくれたのです!

 

運命的な出会いですね。

これだから生きてるって面白いんだろうなあ!

 

それから数年後。

 

サグラダファミリアを創っていた建築士

依頼主と喧嘩して、放棄してしまったので、

 

「1から作り直してもいいよ!」という条件のもと

31歳のガウディが引き継ぐことになりました。

 

f:id:r0ck-snufkin:20191218235232j:image

 

実績はそれほどなかったけれど、

師匠たちの評価がとても高かったため、

主任建築家に抜擢されました。

 

やはり、ガウディはなにか持ってる…

神に使命を与えられて生まれてきたんだなって

すごく思う( 'ω').。o

 

建築家になるということは、

今後、経済的な安定が確約されるも同じ。

 

f:id:r0ck-snufkin:20191218235543j:image

 

社会に認められたということなので、

貧困を味わってきたガウディからすれば

かなり嬉しいことだったんじゃないでしょうか!

 

社交界にも呼ばれていたそうですが、

学生時代から同様に、簡単には群れない。

 

しだいに離れていきました。

 

自分の中に世界を持っている人は、

世間体なんてものは、くだらなく思えるんですよね。

 

f:id:r0ck-snufkin:20191218234633j:image

 

サグラダファミリアの内部は

『森の中をイメージ』して創られています。

 

この頃、ガウディは深く深く

自然美に魅せられていたようです。

 

↓まるで美しい木漏れ日です。

f:id:r0ck-snufkin:20191218235019j:image

参照:https://co-trip.jp/article/162197/

 

サグラダファミリアを創りつつ、

たくさんの建築物も手掛けました。

 

仕事一筋の彼は、まさに芸術に生きた人。

 

結婚はせず、晩年は取り憑かれたように

建設活動にのめり込んでいたそうです。

 

徐々にパトロンや家族、友人も世を去っていき、

ガウディ自身もまるで

ホームレスのようになっていたらしいけれど…

 

f:id:r0ck-snufkin:20191218235830j:image

 

それを裏付けるこんなエピソードがあって、

 

74歳の誕生日を目前したある日、

ガウディがミサに出かけた時

路面電車に轢かれるも

 

みすぼらしい容貌だったために、

有名なガウディだとすぐには気づかれず

手当てが遅れてしまった…

 

そしてそのままお亡くなりになってしまった…

(´;ω;`)ああああぁぁ

 

 

ちなみに、彼のお墓は

サグラダファミリアの地下にあります。

 

礼拝堂はいつも開いているわけではないので、

見れたなら、運命的です。

 

階段をくだると、

ヨセフ・マリア・イエスキリストの像があります。

 

その最深部にガウディのお墓が。

f:id:r0ck-snufkin:20191219000749j:image
f:id:r0ck-snufkin:20191219000746j:image

出典:http://kajipon.sakura.ne.jp/haka/h-tyoukoku.htm

 

中には入れませんが、

窓からデスマスクも見ることができるようです。

 

f:id:r0ck-snufkin:20191218234046j:image
f:id:r0ck-snufkin:20191218234049j:image
f:id:r0ck-snufkin:20191218234052j:image

出典:

https://tech.nikkeibp.co.jp/kn/article/building/news/20120209/557778/?P=5

 

それはそれは、穏やかなお顔( ´꒳​` )

 

生涯かけて、

自分が創り出した作品の胎内で眠るガウディ。

 

とても感慨深い。。

 

 

ガウディのドラマチックな人生、

いかがでしたでしょうか?´`*

 

さらに知りたい!という人は

こちらのサイトがおすすめですよ!

↓↓↓

『ポータル・ガウディ』

http://www.portalgaudi.cat/ja/antoni-gaudi/

 

f:id:r0ck-snufkin:20191219001450j:image

 

次回はいよいよ、

未だ完成していないと言われる

サグラダファミリア』について特集します!

 

ではまた*˙︶˙*)ノ"

 

f:id:r0ck-snufkin:20191219001551j:image

 

相棒ろっく🦉の写真集的なものを

なんとか安く、

でもクオリティはよい雰囲気で作りたい(ワガママ)

今日この頃です。

 

f:id:r0ck-snufkin:20191219001744j:image
f:id:r0ck-snufkin:20191219001747j:image

 

もし、印刷とかに詳しい方がいたら…

(コミケとかで皆さん販売してる本て

 どうやって作るの…すごい…)


f:id:r0ck-snufkin:20191219001738j:image
f:id:r0ck-snufkin:20191219001734j:image

 

TwitterのDMなどでそっと教えていただけたら

とっても嬉しいです!!


f:id:r0ck-snufkin:20191219001741j:image

 

\( ˆoˆ )/\( ˆoˆ )/だれかあー