相棒ふくろう🦉と歴史一周、地球一周

『ただ観光のように旅をするだけでは世界の本当の姿は見えてこない』をモットーにぽつり、ぽつりと。

受け継がれる意志〜スペイン🇪🇸サグラダファミリアを巡る旅〜

こんにちは!

べいです*˙︶˙*)ノ"

 

今年もよろしく

お願いしまーす!

 

f:id:r0ck-snufkin:20200107124959j:image
f:id:r0ck-snufkin:20200107125002j:image

 

今年の元旦は

ろっく🦉のお部屋で

一緒に初日の出を拝みました。

 

 

ろっくからも

副羽根をもらったので

いい一年になりそうです!

 

ふたりで寝正月から始めました。

 

今年は昨年より

のんびり過ごすのが目標です

(*´ ︶ `*)

 

f:id:r0ck-snufkin:20200107125409j:image
f:id:r0ck-snufkin:20200111212415j:image

 

 

今日は情熱の国

『スペイン』🇪🇸特集第一弾!

 

前回はアントニ・ガウディの生涯を

追ってみました。

 

 

今回は、そのアントニ・ガウディ

生涯をかけた教会⛪️

 

 

130年経った今でも

意志が引き継がれ続けている

未完の世界遺産

 

 

サグラダファミリア

を探検します!

 

 

では、いきますよー

。・*・:≡( ε:)

 

 

f:id:r0ck-snufkin:20191221173721p:image

 

 

スペインと聞けば

サグラダファミリア』!!!

 

と思っている管理人であります

(*`・ω・´)

 

 

教会はまだ完成していませんが、

生誕のファサードと地下聖堂は

ユネスコ世界遺産にも

登録されています。

 

 

完成までに300年かかると

予想されていましたが、

 

 

最新技術を駆使することで

2026年には完成予定という

目星がついたとのこと!

(まあここは賛否両論

あるようですが笑)

 

 

ガウディが亡くなってから100年。

 

 

トータルすると約130年!

 

 

壮大さに(´;ω;`)ブワッ

 

 

何回訪れても

違う顔を見せてくれるっていうのは

わくわくしちゃいますね!

 

 

では、さっそく

その外観から探検〜!

 

 

f:id:r0ck-snufkin:20200111194813j:image

 

 

サグラダファミリア

東側と西側にファサード

(建物の正面)があります!

f:id:r0ck-snufkin:20200111203953j:image

 

そして、

それぞれのファサードには

4つの鐘塔がそびえています。

f:id:r0ck-snufkin:20200111201936j:image

この紫丸の

シンボル的なやつですね。

 

 

この中をなんと!

エレベーターが通過します。

f:id:r0ck-snufkin:20200111210230j:image

こんなかんじで。

 

 

東側は

『生誕のファサード』といって

エスキリストの

誕生~幼少期までが描かれてます。

f:id:r0ck-snufkin:20200111201545j:image

 

東側はガウディが

生前に手掛けたもの!

 

生前中に、ほぼ完成!

というところまで創られました。

 

 

気が遠くなるほどの、

緻密な彫刻がびっしり。

 

 

当時30歳でこれ創ったんだから

ほんとに凄いとしか

言いようがない…

(同い年からくる尊敬の震え)

 

 

そして、さらに無報酬で

自分の貯金までこの教会に

使っていたというのです…

(同じ人間としての尊敬の以下略)

 

 

西側は

『受難のファサード』で、

最後の晩餐〜イエスの処刑、

復活までが描かれてます。

f:id:r0ck-snufkin:20200111201630j:image

ガウディの死後に創られたもの!

超シンプルです!

あえてシンプルな直線で

つくったそうです。

 

 

あえて比べてみると、

こんなに違う。

f:id:r0ck-snufkin:20200111221435j:image

 

うーん、私はやっぱり

ガウディ作派だな( ˘ω˘ )

 

 

分析するように、

細かいところまで

見入っちゃうと思う。

 

 

というかそれがしたいし、観たいのだよ!!

 

 

ちなみに、

サグラダファミリアの正式名称は

『聖家族贖罪教会』

 

 

「聖家族」というのは

エスキリストと

聖母マリア

養父ヨゼフのこと。

 

 

『サグラダ』はカルターニャ語で

『神聖な』という意味です。

 

 

なので、どちらのファサード

エスキリストの生涯が

ドラマチックに表現されています。

 

 

f:id:r0ck-snufkin:20200111213801j:image

 

f:id:r0ck-snufkin:20200111210716j:image

聖堂内部は

こんなにも美しいのです。

 

 

外観からは

ちっとも想像がつかないほど

優しい光で満ち溢れています。

 

 

ガウディは教会内に

静かなる森と

その光の美しさを、

表現したかったのだそう。

 

 

天井は『シュロの葉』が

イメージされています。

f:id:r0ck-snufkin:20200111211350j:image

出典:https://4travel.jp/travelogue/10499234

 

 

f:id:r0ck-snufkin:20200111211903j:image

↑シュロの葉

 

たしかに納得です。

この葉っぱと葉っぱの間のすき間が

優しい光を聖堂内部に

もたらしているんですね。

 

 

教会を支える柱は

樹木がモチーフになっている

といいますが、

 

なんだか私は同時に

人体を思い浮かべるんですよね。

 

 

自然と人には

何か神秘的な共通点が

あるのでしょうか。

 

 

それぞれの彫刻を見ていくと

あまりにも語り尽くしそうなので、

 

こちらのサイトが

おすすめです!↓↓↓

 

サグラダファミリアの聖堂内部と塔、

ファサードの見どころを徹底紹介!

| TABI JOZU』

https://tabijozu.com/barcelona-sagradafamilia

 

 

創られ始めた当初から完成までは

YouTubeこちらの動画で

見ることができますよ!

(おおー!ってなる)

https://youtu.be/NZ0wPi8I4rE

 

最新技術で

完成が早まるのは凄いこと。

 

しかしガウディは

生前こんな言葉を遺しています。

 

f:id:r0ck-snufkin:20200111215242p:image

 

やっぱりガウディは

カッコイイ。

しびれますね。

 

 

こんな風に余裕を持って

人生を生き切りたいです。

 

 

夢も、日常生活も。

 

 

『本物は、時間がかかる。』

 

 

この効率化重視の

現代社会で忘れていた

とても本質的で大切なことを、

ガウディは私に

このブログを通して

思い出させてくれました。

 

 

f:id:r0ck-snufkin:20200111215535j:image

 

今日は

アントニ・ガウディ

生涯をかけた

サグラダファミリア

のお話でした!

 

 

ガウディ作の

グエル公園もおすすめです!

f:id:r0ck-snufkin:20200111215908j:image

出典:https://blog.pokke.in/guell-park/

↑↑↑このサイトいいですよ〜

 

では、また*˙︶˙*)ノ"